【ConoHaWING】2つ目のブログをサブドメインで作成する方法

サブドメインで2つ目ブログ
ブロガーさん

ブログをもうひとつ作成したいです。
追加でお金をかけずに、手軽に2つ目を作るにはどうすればいいですか?

りょうこ

運営者情報を同じにしてよいなら、サブドメインを作成すると追加費用がなくお手軽ですよ!

ブログに慣れてくると、もうひとつブログを作りたくなる日が必ず来ます。

この記事では同じ運営者が運営している別ジャンルのサイトとして作成する方法として、サブドメインへWordPressをインストールする方法を紹介します。

  • 記事の前半:2つ目のブログを作成する3つの方法とメリット・デメリット
  • 記事の後半:ConoHaWINGの管理画面を使ったサブドメインのブログ作成方法解説

この記事を読めば、ConoHaWINGユーザーがサブドメインを利用した2つ目のブログを作成する方法がまるっとわかります。

りょうこ

ConoHaWING以外のレンタルサーバーを使用している場合も、メリット・デメリットの考え方は同じです。
細かい手順はそれぞれのサーバーのヘルプで確認してくださいね。

サブドメインで2つ目のブログを作成する方法をすぐ知りたい方は、こちらからお読み下さい。

目次

WordPressで2つ目のブログを作る3つの方法

WordPressで2つ目のブログを作成するには、次の3つの方法があります。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、ご自身に合う方法を決めていきましょう。

  1. 新規ドメインを取得して作成する
  2. サブドメインを取得して作成する ← 本記事で解説するのはこれ!
  3. サブディレクトリで作成する
りょうこ

本記事では「2つ目」と言っていますが、3つ目以降も同じです。

ConoHaWINGは1つのサーバーアカウントのなかで作成できるブログ数の制限はありません。契約したディスク容量の範囲内で、いくつでもブログを作成できます。

新規ドメインを取得して作成する

新たにドメインを取得して、1からブログを始める方法です。

新規ドメイン取得は、1つ目のブログとは関係のない全く新しいブログを作成するときに使用します。

メリット・デメリットは次の通り。

新規ドメインのメリット
新規ドメインのデメリット
  • しがらみのない新しいブログを始められる
  • 1つ目のブログの影響を一切受けない
  • ドメイン代がかかる
  • SEOやドメインパワーなど、完全にゼロからのスタートになる

ConoHaWINGでは2つまでドメインが無料で取得できます。2つ目のブログでは追加費用は一切発生しません

3つ目以降は年間数千円程度のドメイン代を支払うことで作成できます。

ConoHaWINGで新規ドメインを取得してWordPressブログを新規開設する手順と注意点は、以下の記事で詳しく説明しています。間違えやすい操作があるので、新規ドメイン取得を検討されているかたは必ず一読ください。

サブドメインを取得して作成する

サブドメインを取得してブログを作成する方法です。

サブドメインとは「☆☆.com」の前に文字列(△△)を挿入し、「△△.☆☆.com」としてドメインを区分けするドメインです。

メインサイトと同じ運営者が運営しているけれど、ジャンルが異なるサイトで使用します。

例えば楽天グループでは、同じ楽天ブランドのなかに多くのサブドメインのサイトが含まれます。

サブドメインの例

楽天市場(メインサイト): rakuten.co.jp

楽天ブックス:books.ranten.co.jp

楽天ROOM:room.rakuten.co.jp

楽天モバイル:network.mobile.rakuten.co.jp

追加のドメイン代はかかりません。SEO的には、ルートドメインとは別のドメインとして扱われますが多少の影響は受けます。

注意点として、Googleアドセンスはサブドメインのサイトのみで申請できません。メインのサイトで先にGoogleアドセンスに合格する必要があります。メインサイトでGoogleアドセンスに合格した後ならば、サブドメインのサイトは簡単な審査で承認されます。

サブドメインのメリット・デメリットは次の通り。

サブドメインのメリット
サブドメインのデメリット
  • 追加費用がかからない
  • 1つ目のブログと内容に関連がなくてもOK
  • 1つ目のブログのブランドは活用できる
  • メインサイトがGoogleアドセンスに合格している場合は、簡単な審査で承認される
  • メインのドメインを廃止してサブドメインだけ残すことはできない
  • サブドメインのサイト単体ではGoogleアドセンスに申請できない
りょうこ

本記事の後半で設定の詳細手順を紹介します

サブディレクトリで作成する

サブディレクトリにブログを作成する方法です。

サブディレクトリとは、ルートドメインの下層に作られたディレクトリのことです。メインサイトで使用しているドメイン「☆☆.com」の後に「☆☆.com/○○/」のように階層を追加します。

メインサイトの範囲でジャンル・カテゴリ分けする際に使用します。

例えば価格.comでは比較する商品ごとにサブディレクトリで分類されています。

サブディレクトリの例

価格.com(メインサイト): kakaku.com

価格,com パソコン:kakaku.com/pc/

価格,com スマートフォン・携帯電話:kakaku.com/keitai/

価格,com 家電:kakaku.com/kaden/

ルートドメインのサイト内でカテゴリなどでサブディレクトリを作成することもありますが、ここで言うサブディレクトリにブログを作成するとは、サブディレクトリに新たにWordPressをインストールすることとご理解ください。

新たにWordPressをインストールすることでWordPressの管理は別となり、簡単に以下が実現できます。

  • 異なるWordPressテーマが使用できる
  • デザインを一新することができる

外から見ると同じサイトですので、SEO的にはルートドメインと同一のドメインとして扱われドメインパワーもそのまま。

Googleアドセンスはメインサイトで合格していれば申請せずに使えます

メリット・デメリットは次の通りです。

サブディレクトリのメリット
サブディレクトリのデメリット
  • 追加費用がかからない
  • 追加手順が簡単
  • 1つ目のブログでGoogleアドセンスに合格していればそのまま使える
  • 1つ目のブログと関連ある内容にしないとSEO評価が下がってしまう

2つ目のブログを作る3つの方法:それぞれのメリット・デメリット

2つ目のブログを作成する3つの方法を見てきました。

改めて3つの方法のメリット・デメリットをまとめます。

スクロールできます
新規ドメインサブドメインサブディレクトリ
特徴元のサイトと全く関係なく
自由に作成可能
元のサイトと異なるテーマにできる外かは元のサイトと同じサイトに見えるため
関連のあるテーマにする必要がある
費用ドメイン代が必要
(ConoHaWINGは2つ目は無料)
不要不要
元ドメインのSEO評価の影響受けない影響は受けるが限定的元のドメインの評価を引き継ぐ
Googleアドセンス再申請が必要サイトに追加登録すると簡単な審査のみでOK申請無しでそのまま使用可能

それぞれ特徴があるので、目的に合わせて使い分けていきましょう。

複数サイトを運営する際にGoogleアドセンス広告に注意すべきポイントがあります。

1つのサイトでプログラムポリシー違反をすると、同じGoogleアカウントで登録しているサイトがすべて広告停止となってしまいます。登録サイトが増えていくと影響が大きくなりますので、違反のないようくれぐれもご注意ください。

りょうこ

私は不正クリックの疑いで、3サイト同時にアドセンス広告が3週間ほど停止してしまいました。
その間は完全にアドセンス収益がなくなりました。

2つ目ブログをサブドメインで作成する方法

サブドメインのサイトは元のサイトと運営者が同じことを意味しますので、別運営者として心機一転新しいサイトを作りたい方には向きません。

一方で追加のドメイン代がかからないためコスト面ではお手軽な方法です。

ConoHaWINGでサブドメインのブログ作成時に必要な情報は次の通りです。

  • サブドメイン名
  • WordPressのユーザー名
  • WordPressのパスワード
  • DBのパスワード

それでは詳細の手順を見ていきましょう。

ConoHaWINGのコントロールパネルにログイン

ConoHaWINGのログイン画面で、登録したメールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。

ConoHaWINGログイン

「サーバー管理」→「ドメイン」

「サーバー管理」⇒「ドメイン」を選択します。

ドメインを選択

「+ドメイン」ボタンをクリック

「+ドメイン」ボタンをクリックし「サブドメインを追加」を選択します。

+ドメインをクリック

必要項目を埋めて「保存」

必要項目を埋めたら「保存」ボタンをクリックします。

項目説明推奨値
①インストール方法「新規ドメインを追加」・「サブドメインを追加」 から選択します「サブドメインを追加」を選択
②サブドメイン名サブドメイン名です今回作成したいサブドメイン名を入力します
③ドメイン名ドメイン名を選択しますメインサイトのドメイン名を選択します
④無料独自SSL「利用する」・「使用しない」 から選択します「利用する」を選択

「保存」をクリックして少し待ちましょう。

左下に「成功しました。サブドメイン追加」と「受付けました。無料独自SSL設定」の表示が出たら成功です。

りょうこ

ドメイン名一覧から、今回追加したサブドメインが確認できるようになります。

サブドメイン

「サイト管理」⇒「切り替え」

「サイト管理」から左上の「切り替え」ボタンをクリックします。

今回追加したサブドメインの「切り替え」ボタンをクリックします。

「+WordPress」ボタンをクリック

「+WordPress」ボタンをクリックします。

必要項目を埋めて「保存」

必要項目を埋めたら「保存」ボタンをクリックします。

項目説明推奨値
①インストール方法「新規インストール」・「かんたん移行」・「サイトコピー」 から選択します新規サイトを作成する場合は「新規インストール」を選択
②バージョンWordPressのバージョンです
変更はできません
③URL「wwwあり」・「wwwなし」から選択します特に理由がなければ初期設定の「wwwあり」を選択
サブディレクトリ名空欄
④サイト名サイト名です
全角もしくは半角255文字以内
サイト名を入力
後から変更可能です
⑤メールアドレスWordPressに登録するメールアドレスです
ログインIDとしても使えます
ブログ用に使用しているメールアドレス
⑥ユーザー名WordPress管理画面にログインする際のユーザーID
1~255文字、半角英数字小文字と_-.@
⑦パスワードWordPress管理画面にログインする際のパスワード
8~70文字、半角英数字記号の組み合わせ
⑧データベースWordPressで使用するデータベース名、ユーザー名、パスワードを入力しますデータベース名、ユーザー名は入力されているランダム値のままで大丈夫です
パスワードは推測されにくいものを入力してください
⑨コントロールパネルプラグインConoHaWINGサイト管理設定の一部機能をWordPress管理画面から設定できるプラグインですOn・Offどちらでも大丈夫です。
私は使わないのでOffにしています
⑩自動キャッシュクリアプラグインWordPressの記事を投稿した際に、ConoHaWINGサーバー上のコンテンツキャッシュを自動でクリアするプラグインです私はOnにしています
⑪WordPressテーマインストール「利用する」・「利用しない」から選択しますConoHaWINGで購入したテーマ、またはCocoonを使用するならば「利用する」を選択します
後からもインストール可能です
⑫テーマテーマを選択します
ConoHaWING経由で有料テーマを購入していなければCocoonしか選べません
ConoHaWINGで購入したテーマ、またはCocoonを選択します
後からもインストール可能です
りょうこ

データベースのユーザ名パスワードは通常使う場面はありません、トラブル時に必要になる重要な情報ですので、内容を埋めた状態の上の画面をスクリーンショットなどで保存しておくことをオススメします。

稼働中を確認したら完成!

サイト設定にサイトが追加され、画面左下に「成功しました。アプリケーションインストール」と「ご確認ください。以下のアプリケーションが稼働中になりました。」が表示されると完成です。

上記手順で追加されたサブドメインのサンプルサイトはこちら

本記事では詳細は割愛しますが、管理画面URLからWordPressのダッシュボードにログインし以下の作業から進めましょう。

  • WordPressテーマの適用
  • 必要なプラグインのインストール

まとめ:サブドメインを使えば追加料金無しで2つ目のブログが作れる

本記事では以下について解説しました。

この記事でわかること
  • 2つ目のブログを作る3つの方法
  • 3つの方法の選び方・メリット・デメリット
  • ConoHaWINGで2つ目のブログをサブドメインで作る詳細手順

サブドメインで2つ目のブログを作成する場合は、メインブログと同じ運営者と見なされることだけ留意してください。

追加手順は難しくありません。

新しいサイトでは、異なるWordPressテーマを使用することもできます。

1つ目のサイトは無料テーマで始めたけれど、有料テーマを使ってみたい…と思ったことはないでしょうか。

筆者がオススメするのは当ブログでも使用している有料テーマSWELLです。17,600円と少しお高めですが、記事作成が格段に楽になり簡単にオシャレなサイトを作ることができます。

りょうこ

参考までに私がCocoonからSWELLへ移行して感じたCocoonとSWELLのメリットとデメリットについては、以下の記事で詳しくお話しています。

SWELLを買って後悔するとしたら、最初のサイトもSWELLにしたくなることくらいでしょうか。SWELLは運用者が同じであれば2つ以上のサイトに使用できますが、記事数が多いと移行作業が大変です。

記事作成が圧倒的に楽しくなる有料テーマSWELL、気になる方は2つ目サイトの機会にぜひ試してみてくださいね。

\ 記事作成が圧倒的に楽!SWELLダウンロードはこちらから /

\応援クリックお願いします/
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

コメントする

CAPTCHA


This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次