【ConoHaWING】2つ目以降のドメインを取得!手順と注意点を徹底解説

ドメイン追加取得方法
ブロガーさん

ConoHaWINGでは2つ目の独自ドメインも無料らしいし、もう1つブログを立ち上げたい!
最初のサイト開設の解説記事はたくさんあるけど、追加のときはどうやってドメインを取得すればいいのかしら

ブログを開設してしばらくすると、追加でドメインを取得したくなることありませんか。

私はレンタルサーバConoHaで3つのドメインを取得してWordPressのサイトを管理しています。

レンタルサーバConoHaのWINGパックならば2つ目の独自ドメインまで無料で取得できます。3つ目以降も有料にはなりますが手順はほとんど同じです。

ConoHaWINGの管理画面ではドメイン取得で間違えやすいポイントがありますので、あわせてご紹介していきます。

この記事を読むとこんなことがわかります。

この記事でわかること
  • ConoHaWINGで2つ目以降のドメインを取得する方法
  • ConoHaWINGで追加のドメインを取得する際に気をつけたい間違えやすいポイント

\ConoHaWINGなら2つの独自ドメインが無料♪/

目次

ConoHaWINGで追加のドメイン取得方法

ConoHaWINGでWordPressのサイトを追加する場合は、

  1. 「ドメイン」メニューで追加のドメインを取得
  2. 「サーバー管理」メニューでサーバーにドメインを設定しSSL化
  3. 「サイト管理」メニューでWordPressのインストール

という手順で実施します。

本記事では、(1)の「ドメイン」メニューで追加のドメインを取得する方法を見ていきます。

私が3つ目のドメイン(tekuteku-ryoiku.com)を取得したときの画面で説明しています。お好きなドメインに読み替えて下さいね。

2つ目の無料ドメインでも、選択できるドメインの種類や決済画面以外流れはおおむね同じです。

「ドメイン」⇒「ドメイン取得」

ConoHaWINGの管理画面にログインした画面から、

(1)「ドメイン」 ⇒ (2)「ドメイン取得」を選択します

ドメイン取得

(3)ドメイン名に希望のドメイン名を入力します。ここではドット(.)以降の文字列(.com等)は入れません。

※tekuteku-ryoikuは私が取得したドメインですので、あなたのご希望の文字列を入れて下さい。

ドメイン名入力

(4)選択可能なドメインが表示されますので、希望のものの「カートに追加」をクリックします。

ここでは、tekuteku-ryoiku.comを選んでいます。

2つ目のドメインの場合は選択できるドメインの種類が少なくなり、.comは選択できません。また値段は0円になります。

ドメインの選択

(5)値段が表示されますので確認して「次へ」をクリックします。

※2つ目の無料ドメインの場合は、本手順はありません

ドメイン取得値段確認

(6)支払い情報(クレジットカード)を入力し「決済」します。

※2つ目の無料ドメインの場合は、本手順はありません。

ドメイン決済

(7)正常に取得できると左下に「受付けました。」とポップアップが出たのち、ドメイン一覧に表示されます。

ドメイン取得成功

2つ目に設定可能な独自ドメイン

ConoHaWINGで2つ目に設定可能な無料ドメインは以下の8種類です。

メジャーな「.com」は使用できないのでご注意下さい。

  • .online
  • .space
  • .website
  • .tech
  • .site
  • .fun
  • .tokyo
  • .shop

(日本語ドメイン含む)

参考:ConoHaWINGヘルプ WINGパック無料独自ドメインLITEについて

りょうこ

個人のブログの場合は、上記から好きなものを選んで特に問題ありません

注意点:「サーバー管理」から「+ドメイン」を最初にやったらダメ

ConoHaWINGで2つ目移行のドメインを取得する場合、間違えやすいポイントがあります。

ここを間違えて悩まれている方は何人もいらっしゃいました。お気をつけ下さい。

「サーバー管理」画面にもドメインが追加できそうなメニューがある

2つ目のドメインを取得しようとConoHaWINGの管理画面を探していると、先に下記のメニューに気がついてしまうことがあります。

サーバ管理ードメイン

上図のように「サーバー管理」⇒「ドメイン」を選択すると「+ドメイン」という名称のボタンがあるのですが、これではありません。

新規ドメインが取得できると勘違いしそうな名称ですが、このボタンは「既に取得しているドメインをサーバに設定する」というボタンです。
ConoHaWING管理の2つ目の独自ドメインを取得するためのボタンではありませんのでご注意ください。

「+ドメイン」ボタンを押すと新規ドメイン名を入力する画面になります。

そこに希望のドメイン名を入力すると一見登録が成功したように見えるため、勘違いしやすいのです。

ドメイン取得せずに「+ドメイン」すると「サイトにアクセス出来ません」エラーに

試しに「+ドメイン」ボタンから適当なドメイン名(test.site)を設定してみます。

適当なドメイン

適当なドメイン名にもかかわらず左下に「成功しました」と出てきてしまいましたね。

しかし、その後下記エラーが表示されます。

失敗しました。
無料独自SSL設定変更
サイトにアクセス出来ません。Aレコード(wwwあり・なし)やネームサーバーにConoHaのものを設定してください。

ドメイン設定失敗しました

取得していないドメインをサーバーに設定しているので当たり前のエラーなのですが、ドメインを取得の操作と思って実行していると焦ってしまいます。

この状況になった場合は、まずは設定したドメイン名を削除しましょう

削除方法:

ステータスが「作成中」から「稼働中」に変わると、右側に「ゴミ箱」アイコンが表示され削除出来るようになります。

ドメイン削除方法

「ゴミ箱」マークをクリックすると、削除確認のダイアログが出ますのでドメインをよく確認して「はい」をクリックして下さい。大切なドメインを消さないように気をつけましょう!

ドメイン削除確認

その後は前半で説明した正しい手順でドメイン取得すればOKです!

まとめ:ConoHaWINGで2つ目以降のドメインを取得する方法と注意点

ConoHaのWINGパックでは、2つ目の独自ドメインは無料になります(ただし、選べるドメインに制限があります)。

ドメインの取得はConoHaWINGの管理画面の「ドメイン」メニューから実施します。「サーバー管理」メニューの「+ドメイン」ではできませんのでご注意下さい。

慎重に操作すれば手続き自体は難しくありません。せっかく独自ドメインが2つまで無料ですので、有効に活用していきましょう。

りょうこ

2つ目のドメインを取得したら、WordPressテーマを決めていきましょう

WordPressのテーマは記事が増えるほど変更に手間がかかります。

今まで無料テーマを使っていたならば、気になっていた有料テーマへ変更する格好のチャンスです。

ブログ歴1年半の筆者がオススメする有料テーマはSWELLです。見た目がオシャレなサイトが簡単にできますし、何より記事編集が楽になる機能が充実していて、記事作成が楽しくなりますよ。

\記事作成がぐんと楽しくなるのはSWELL!/

次の記事でCocoonとSWELLを実際に使用した感想、メリット・デメリットの解説をしています。SWELLってどんなテーマ?Cocoonとどう違うの?と気になる方はぜひ参考にしてください。

\応援クリックお願いします/
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次