お友だちと一緒に夏休みの自由研究!牛乳パックからハガキを作ろう

お友だちと一緒に自由研究 牛乳パックからハガキ作成

こんにちは。IT系ワーママのりょうこです。

夏休みも終盤ですね。夏休みの自由研究選びに困っていませんか?

最近は自由研究は必須ではないところも多いようですが、できれば何かさせてあげたいですよね。

りょうこ

我が家の小学3年生男子たっくんは、昔からの定番「牛乳パックからハガキを作る」を勧めてみたところ、俄然乗り気になったので、お友だちが遊びに来る日にあわせてやってみました。

この記事がオススメの人
  • 小学生のお子さんの夏休みの自由研究が決まっていない
  • できれば手軽な材料で、1~2日くらいでさくっと終わらせたい
  • 仲良しの友だちも自由研究が終わっていないので、楽しみながら2人一緒に終わらせたい

大人の手伝いが必要な部分はありますが、延べ2日もあれば終わります。

水遊び感覚で楽しくできる紙漉き、オススメですよ!

目次

紙パックからハガキを作ろう:準備編

まず、材料と道具を準備していきましょう。

材料

材料は下記の2つだけです!

  • 牛乳パック(1個につきはがきサイズの紙が2、3枚ができます)

難しい物はなにもありません。

もちろん牛乳パックでなくても、ジュースのパックでも大丈夫です。

牛乳パック

準備する道具

  • フォトフレーム×2 (100均でOK)
  • フォトフレームより一回り大きい網 ×3~4枚 (網戸の網を切ったものが使いやすい)
  • 両面テープ (できれば粘着力の強い物。一般用では弱すぎました)
  • はさみ (牛乳パックを切ります)
  • 中性洗剤
  • ミキサー (なければ、空ペットボトルとビー玉数個)
  • 紙をすくための水をいれる大きめの容器
  • 割り箸
  • 下じき 1枚(普段学校で使っているものでOK)
  • 新聞紙
  • タオル×2
  • アイロン (なければ自然乾燥で)

フォトフレームは100均のもので大丈夫です。同じものを2つ用意して下さい。

中性洗剤は、衣料用のものが中性と書いてあったのでそれを使いました。食器洗剤や住居用洗剤でも中性ならば大丈夫だと思います。鍋に入れるので、各家庭で抵抗感がないものにして下さい。

一番困るのは網ですね。

我が家は近くのホームセンターで買いました。500円くらいでした。

網戸用ネット

ネットでも買えます。

created by Rinker
¥619 (2022/01/26 09:38:52時点 楽天市場調べ-詳細)

作り方編

手順

大まかな手順は以下の通りです。

  1. 牛乳パックの下準備 (前日の夜に)
  2. 紙すきの道具を作る
  3. パルプ液を作る
  4. 紙をすく
  5. 水を切る
  6. 乾燥させる
たっくん

次から詳しい手順を説明するよ!

手順1. 牛乳パックの下準備(前の日の夜に)

下準備です。この手順は前の日の夜にやっておいて下さい。

切る部分はお子さんにやってもらい、煮る部分は大人と一緒にやると良いと思います。

牛乳パックの紙が重なっている部分を取り除き、なべに入る大きさに切ります

牛乳パックを切る


牛乳パックをなべに入れ、牛乳パックが隠れるくらい水を入れます

牛乳パックを鍋に入れる

水1リットルに対して中性洗剤小さじ2を入れます


なべを火にかけて中火でふっとうさせた後、弱火で30〜1時間くらい煮ます

牛乳パックを煮る

火を止めて半日〜一晩置いておきます

手順2. 紙すきの道具を作る

この手順は、お友だちとやるなら紙をすく日に。

準備を事前に済ませておきたいならば前日にやっておいても大丈夫です。


フォトフレームの枠以外の部分を取り外します(枠以外は使いません)

フォトフレームの準備

片方のフォトフレームに両面テープで網を貼り付けておきま

紙すきの道具

手順3. パルプ液を作る

紙の材料となるパルプ液を作っていきますよ。

牛乳パックの表と裏の両方のフィルムを剥がします。
中性洗剤で煮たことで、するする剥がれていきます。けっこう楽しい作業です。

フィルムをはがす

水で洗います

水で洗う

紙を細かくちぎります

紙をちぎる

ちぎった紙と水500mlをミキサーに入れて、1分間ミキサーを回します。(ここは大人と一緒に!)

ミキサーでパルプ液を作る

ミキサーがない場合は、空きペットボトルにビー玉と一緒に入れてたくさん振ってもできるそうです。

ドロドロの液体ができます。この液体をパルプ液といいます

手順4. 紙をすく

いよいよ、紙をすいていきましょう。

紙をすき始めるとかなりバタバタするので、事前に下記を1つのテーブルのすぐ手の届く場所に準備しておいて下さい。

  1. 紙すきの道具
  2. 紙をすく大きな容器
  3. 割り箸
  4. ②の隣に、新聞紙とタオルを重ねたもの
  5. ③とは別に新聞とタオル
  6. 下じき
  7. 紙すきの道具以外の網を2枚

①の紙すきの道具は、下図の順番で重ねます。

網の重ね方

さて始めましょう。

大きな容器に紙すきの道具を入れ網が浸るくらいの水を入れます

パルプ液を紙すきの道具に入れます
ここは紙すき道具をおさえておく人と、パルプ液を入れる人の2人いると確実です。

パルプ液のすきまがないように、かたよりがないように、あみが隠れるように調整します

紙をすく

手順5. 水を切る

水を切っていきます。

水からすくい上げ、斜めに傾けて水切りをします

水からすくい上げる

上のフォトフレームを外してあみと下じきを置き、下じきを押して水を絞ります

下じきで水を絞る

※この写真は、両面テープが外れて下の網が緩んでしまっている失敗状態です…。

ひっくり返して上のフォトフレームと網を外し、下じきから滑らせてタオルの上に移動させます

タオルの上に移動させる

その上から新しい網、タオル、新聞紙の順に置き、上から押して水を絞り出します

新聞で水を絞る

パルプ液がなくなるまで、「手順4. 紙をすく」「手順5. 水を切る」を繰り返して下さいね!

お友だちと一緒に「ひっくり返すからタオルよろしくなー」とか、「お前水切るの上手いなぁ」とか、声を掛け合い協力しながら楽しくできました。

手順6. 乾燥させる

最後はアイロンで、乾燥をさせて完成です。アイロンは親がかけました。

アイロンをかける

今回はお友だちに持って帰ってもらうため、早く仕上がるアイロンにしましたが、自然乾燥でもいいし、窓に貼り付けておいてもよいそうです。

自然乾燥の場合は重しをてください。乾くうちに丸まってしまうそうです。

アイロンをかけると、少し茶色くなりました(写真だとわからない程度)。

手作り紙できあがり
完成!!

牛乳パック2本分で、6枚できたので、お友だちと3枚ずつに分けましたよ。

どんどん上達して、より四角く、より薄く出来ていく様子が面白かったです。

まとめ

小三の息子の夏休みの自由研究に、牛乳パックからハガキを作成しました。

道具の調達と紙パックをふやかしておくという下準備さえ前もってしておけば、お友だちと一緒に協力しながら作成することができます。

紙すきは水遊び感覚なので、暑い夏にはぴったりです。

自由研究として提出する場合は、完成品だけを提出するのもいいですが、作成手順や感想をまとめて、レポートにするとよさそうですね。

りょうこ

高学年だったら、一般的な紙の作り方や紙のリサイクルの研究につなげられるかもしれません。
レポートでそれぞれ個性を出せば、紙作りはお友だちと一緒で問題なしです!
パルプ液に色をつけたり、工夫はいろいろできそうですね。

たっくん

紙が上手にできて嬉しい!
頑張ってレポートも書くぞー-!!

よかったらぜひやってみて下さい!

参考にしたサイト

今回参考にさせていただいたのは、「日本製紙連合会」様の下記の動画です。ありがとうございました!!

\この記事が役に立ったと思われたら、ぽちっとクリックお願いします/
にほんブログ村 子育てブログへ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる