【CocoonからSWELLへ】WordPressテーマ変更のメリットとデメリット

WordPressテーマの移行

こんにちは。IT系ワーママのりょうこです。

WordPressでブログを始めて7ヶ月になりました。

ブログを始めて数ヶ月経ち少し慣れてくると、「WordPressのテーマ変えてみようかなぁ、変えたほうがいいのかなぁ」って思うことありませんか。

ブログ開設時、いつまで続けられるかわからないしとりあえず無料のCocoonで始めてみたものの、

 

有料テーマにしてみたらとってもよかった!

そんな口コミを目にして、このままでいいのかなって気持ちになることありますよね。

当サイトのWordPressテーマはブログ開設から4ヶ月でCocoonからSWELLに変えました

率直な感想を言います。

SWELLには大満足!
口コミ通りとっても使いやすいし、サイトをお洒落にしやすくオススメできる有料テーマ
でも、Cocoonも良いところがたくさんあったし、記事が多いと移行は大変。
不満がなければ変えなくても良いかも。

この記事では、IT系ワーママがなぜWordPressのテーマをCocoonからSWELLに変えたのか、その理由と変更後の本音を書いて行こうと思います。

こんな方にオススメです。

この記事がオススメ
  • とりあえず無料テーマCocoonでブログを始めてみたが、SWELLに変えた方がよいか迷っている
  • CocoonからSWELLへの変更するのがどのくらい大変か知りたい
  • CocoonとSWELLそれぞれのメリットデメリットを知りたい

\ シンプルなのに高機能なWordPressテーマ /

目次

CocoonからSWELLにテーマ変更した3つの理由

わたしは、ブログ開設4ヶ月でWordPressのテーマをCocoonからSWELLに変えました。

テーマをSWELLに変更した理由はいくつかあります。大きなものは下記の3つです。

  1. 自分のサイトデザインが「ありふれた・つまらない」ものにみえてきた
  2. 記事を書くのが楽1ライセンス複数サイト対応のテーマを探していた
  3. SWELLとCocoonが業務提携及び資本提供を結んだ

それぞれについて細かくみていきましょう。

自分のサイトデザインが「ありふれた・つまらない」ものに見えてきた

Cocoonを機能を一通り使って、サイトデザインをあーでもない、こーでもないとやっていると、だんだんCocoonを使っているサイトが一目でわかるようになってきますね。

私の場合、自分のサイトを見たときにトキメキがなくなってきました

サイトデザインに悩む人

なんか、ありふれてつまらないサイトに見える…

もちろん、Cocoonを使っていてもカッコよくてオシャレなサイトはたくさんあるのですが、

サイトデザインに悩む人

有料テーマを使えば簡単にオシャレにできるってみんな言ってる…
使ってみたいかも

サイトデザインに行き詰まり、有料テーマを使えば簡単にオシャレなサイトが手に入るのではないかと期待がふくらみました。

SWELLに変えるとすぐに、SWELLっぽいオシャレっぽいサイトに変えることができました。

しかし、同じテーマを使っているサイトと似てしまうのは同じです。今はSWELLのサイトを見ると「あぁこのサイトはSWELLだ」とすぐわかるようになりました。

サイト全体のカラーデザインスキルアイキャッチをかっこよく作るためのスキルは、どのテーマでも同じように必要です。

たっくん

辛い現実だけど、サイトがなんとなく垢抜けないのはテーマのせいじゃないのかも

結論:
有料テーマSWELLを使えばCSSを使わなくても、オシャレっぽいサイトができる!
とはいえ、同じテーマを使っているサイトと似てしまうのは同じ。
カラーデザインや、アイキャッチ作成スキルが問われるのはCocoonも有料テーマも変わらない。

記事を書くのが楽で、1ライセンス複数サイト対応のテーマを探していた

ITに詳しくない知人のWordPressサイトを立ち上げることになりました。

サイトだけ立ち上げて「はいどうぞ」というわけにはいかない感じでしたので、少しでも記事作成が楽にできるテーマを探してました。

また、自身のサイトでも使えるよう1ライセンス買えば複数サイトに対応できるテーマが良いです。

記事の作りやすさはまさにSWELLの得意技。

  • ブロックエディターに完全対応
  • 直感的にコンテンツを作り上げることができる

記事作成が楽と言われるSWELLを使用することにより、ITに詳しくない知人でも直感的に記事作成を進められます。

SWELLは1ライセンス購入すれば複数サイトに適用できます。1ライセンス購入し同時に自サイトもSWELLにすることにしました。

結論:
記事作成はCocoonよりもSWELLのほうが直感的で楽
複数サイトを運営していても1ライセンスでOKなので、SWELLはコストパフォーマンスが良い。

たっくん

1サイト目だとあまり感じないけど、今後増やしていくならばSWELLはお得だよ!

SWELLとCocoonが業務提携及び資本提供

非常に高機能で、更新もこまめにされている安心のWordPressテーマCocoonとSWELL

実はどちらも個人の方が開発されています。すごいことだと思います。

Cocoonの開発者であるわいひらさんが体調を崩されているのですが、SWELLの開発者の了さんがわいひらさん応援のためCocoonと業務提携の契約を結んだことを知りました。

わたしはCocoonが好きでしたので、有料テーマを選ぶならCocoonと業務提携をしているSWELLにしようという決定打となりました。

わいひらさん応援のために寄付をするとCocoonが機能UPします(外部サイト)

CocoonへとSWELLの業務提携についての記事はこちら(外部サイト)

CocoonからSWELLへテーマ変更してわかったこと

具体的な移行時間と作業内容

CocoonからSWELLへの移行に必要な時間。

りょうこ

わたしは20記事程度で、毎日少しずつリライトして2週間くらいかかりました。

移行が簡単とは言われていますがそれなりに大変です。変えるなら記事数が少ないうちを絶対オススメします。


SWELLには他のテーマからSWELLに移行するための専用のプラグインが用意されています。

そのため、Cocoonから有料テーマに変えるならSWELLを選ぶと移行がスムーズと言われています。

それは実際そのとおりで、CocoonからSWELLに変更した際、プラグインが記事の装飾が大きく崩れることを防いでくれます(細かい崩れはどうしても出てきますが)。

しかし、そのままではだめです。リライト作業が必要です。

Cocoonのブロック一覧で見たときに

  • Cocoonブロック
  • Cocoon汎用ブロック
  • Cocoonマイクロコピー
  • Cocoonレイアウト

のように、ブロック名に「Cocoon」がついているものはリライトの必要があります。

編集画面内で下記のような表示になるので、ひとつひとつ潰していく作業になります。

SWELL移行ツール画面例
移行ツール画面の例

マーカーに関しては上記のような表示にもならずに消えてしまったものが多くありました。地味に困りました。

たっくん

すべての移行が終わったら、移行用のプラグインは削除しようね

移行に踏み切る際の最大の注意点をお伝えします。

トップページのサイトデザインはSWELLの初期設定になるため、見た目が大きく変わってしまいます

トップページはサイトの顔ですから、崩れたまま放置しておくことは避けたいですよね。

SWELLに移行する際は、1日目は半日~1日ゆっくり作業できる日を選びましょう。

大まかなサイトデザインさえ終えれば、あとはゆっくりご自身のペースでリライトしていけば大丈夫です。

SWELLのメリット・デメリット

実際に移行してみてわかった、SWELLのメリット・デメリットは下記の通り。

メリット
デメリット
  • 記事作りが楽
  • サイトがオシャレっぽくなる
  • お値段 17,600円

1つずつ詳しく見ていきましょう。

メリット:記事作りが楽

SWELLのよかったところは何はなくとも記事作り(装飾)が楽であること。

SWELLのうたい文句「直感的にコンテンツを作り上げることができる」 は本当にその通りで、看板に偽りなしです。

感覚的には、同じような装飾をしようと思ったときクリック数が1~2回少なくなります。

装飾の選択肢をビジュアル的に提示してくれるので、選ぶのが本当に楽なんです。

例えば投稿の作成画面では、右の設定画面にブロックの選択肢が常に表示されている状態です(下図参照)。

SWELL記事作成画面

メリット:サイトがオシャレっぽくなる

Cocoonっぽさから脱却し、確実にサイトがオシャレっぽくます。

りょうこ

サイトの見栄えがよくなって、記事を作成するのも楽しくなりました♪

一方で、Cocoonで色彩などのデザインを担ってくれたスキン機能がないため、色合いなどは自分で決めていく必要があります。

SWELLを使ったセンスの良いサイトをいくつも眺めて、こんなサイトにしたいというイメージを固めてから移行すると良いです。SWELLを使ったサイトをまとめて紹介しているサイトもありますので、チェックしてみてください。

わたしが参考しているサイトはこちら(外部サイト)

デメリット:お値段 17,600円

SWELLの値段は、税込み¥17,600円

有料テーマのなかでも、安くないお値段です。

1度買えば複数サイトで利用できるというメリットはありますが、1サイトで手一杯の最初のうちはあまりお得感を感じられません。

私は長く続けること前提で、買ってよかったと思っています。

注意していただきたいのは、記事が増えるとどんどん移行が大変になってしまうという点です。

ブログで17,600円稼いでから買おうという考え方はオススメしません

りょうこ

購入される場合は、初期投資と割り切って早いうちに!

Cocoonのメリット・デメリット

実際に移行してみてわかった、Cocoonのメリット・デメリットは下記の通り。

メリット
デメリット
  • 無料
  • 高機能
  • 困ったときすぐ解決策がつかる
  • 似たデザインのサイトが世の中に数多くある
  • デザインに凝るとCSSの知識が必要
  • 成果が上がらないのを無料テーマのせいにしてしまう

1つずつ詳しく見ていきましょう。

メリット:無料で高機能

Cocoonは無料とは思えない質の高いテーマです。

必要な機能は充分そろっています。

Cocoonだから、無料テーマだからこれができなくてとても困るということはすぐには思い当たりません。

りょうこ

実際、わたしがもうひとつ運営しているサイトではCocoonを使っています。

メリット&デメリット:使用している人が多い

使用している人が多いということは、同じことで困っている人がたくさんいるということ。

それはつまり、困ったときに検索すると解決策がすぐ見つかるということです。

SWELLにはユーザーフォーラムがありそちらで相談することもできますが、初心者の場合ユーザーフォーラムで相談するよりも普通に検索して解決したほうがずっと楽です。

その反面、似たデザインのサイトが世の中に数多くあるということにもなり、これは見方によってはデメリットになり得ます。

デメリット:少しデザインに凝ろうと思うとCSSの知識が必要

Cocoonで少しデザインに凝ろうと思うとCSSの知識が必要になります。

スキンで設定した見た目に一部気に入らない部分があり少し変えたいとなったとき、どうしてもCSSで設定していくことになります。

CocoonではCSSを追加したことが何度かありましたが、SWELLでは今のところCSSで微調整したいと思うようなことにはほとんど遭遇していません。

デメリット:成果が上がらないのを無料テーマのせいにしてしまう

無料テーマを使っているとどうしても頭をよぎることがあります。

ブログの成果に悩む人

こんなに成果があがらないのは、無料テーマを使ってるからなんじゃないか…
あのとき有料テーマにしておけば、もっと成果があがっていたのかも…

テーマの違いとは、サイトデザインの印象の違いエディターの操作方法の違いくらいです。

残念ながら、下記のような効果はありません。

  • SWELLにしたら急にアドセンスに受かる
  • 紹介した商品が急に売れるようになる

それでも、ブログ運営をしていて思ったような成果があがらないとき、無駄にモヤモヤする時間を最初から取り払うため有料テーマを使ってみるのは良い案です。

まとめ:迷っているならば早いほうが良いです

ブログ始めて4ヶ月目にCocoonからSWELLに変えました。率直な感想を述べます。

下記のような方にはSWELL全力オススメします。

SWELLがオススメの人!

  • SWELLを使ったサイトの見た目が好き
  • こんなサイトにしたいという具体的なSWELLサイトのイメージがある
  • 少しでも楽に記事を書きたい
  • 複数サイト運営する予定がある
  • 成果が上がらないことを無料テーマのせいにしてしまいがち

逆に、こんな方は無理に変えなくてもOKです。

Cocoonのままで良い人!

  • Cocoonで現状特に困っていない
  • 既に記事数が多い(目安:30記事以上
  • 最初に見た目を整えるためのまとまった時間が取れない
  • 成果が上がらなくても無料テーマのせいにしない

SWELLサイトの見た目が好きだったり快適な操作性を使ってみたい方は買って損はないテーマです。

もし購入しようか迷われているならば、記事が増える前に決断されることをオススメします。

\ シンプルなのに高機能。SWELLダウンロードはこちらから /

\応援クリックお願いします/
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次